無料ブログ作成サービス JUGEM
←next フレッツTV TOP prev→

地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト)

地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト) が総務省のホームページに記載されています。
地デジ難視対策衛星放送については、なんとなくは耳にしていたのですが、詳細は知りませんでした。
今回、私自身が勉強させていただいた内容とリンクを貼っておきますので、参考までに。

■地デジ難視対策衛星放送とは?
BS17chを利用して東京地区の7つの地上デジタル放送の番組を同時再送信にて放送するもの。

■再送信するチャンネルは?
 ●NHK東京デジタル(総合)
 ●NHK東京デジタル(教育)
 ●日本テレビ
 ●テレビ朝日
 ●TBSテレビ
 ●テレビ東京
 ●フジテレビ  の7つ。

■画質は?
標準画質。



電子番組表(EPG)及び字幕放送が利用可能。
データ放送なし。

この放送には、スクランブルがかかっていて、視聴を可能(スクランブル解除)とする受信機は、1世帯当たり最大3台まで。
国の補助とNHKの負担により無料で利用できるとのこと。
ただし、NHKとの放送受信契約は従来どおり必要です。

■地デジ難視対策衛星放送の実施期間
平成22年3月から平成27年3月末まで

この内容は、総務省「地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト)の位置づけ 」にあります。
JUGEMテーマ:地デジ対策情報

|フレッツテレビorケーブル | 地デジ難視聴対策 |地デジ対策情報 | フレッツテレビ・CATV・アンテナの地デジ比較|

Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tv2011.jugem.jp/trackback/132
  ■同軸ケーブル5C-FBについて
2重シールド5C同軸ケーブル S5CFB(C)H

2重シールド5C同軸ケーブル S5CFB(C)H
価格:105円(税込、送料別)

  ↑ 必要な長さだけ注文できます。メール便でもOK!


記事を参考に、フレッツテレビに乗換えした方、貴重なご意見や情報提供をいただきましてありがとうございます。
フレッツテレビ導入事例(愛知県N様)

質問・相談等、お気軽にコメントしてください。